WordPress(ワードプレス)でホームページを作りたい、カスタムしたいという人のためのサイトです。

カテゴリで記事の全件表示をさせるカスタマイズ方法

TOP > カスタム方法 > カテゴリで記事の全件表示をさせるカスタマイズ方法

この前案件で行ったカスタムをメモしておきます。
要件としては、「カテゴリページは目次のようにシンプルに見せたい」というクライアントからの要望があったので、それを形にする事です。
方法はいくつかあったのですが、以下のカスタム方法を採用して実装しました。

カテゴリ一覧部分のcategory.phpのマークアップ。実際に行った記述内容

実際のマークアップとしては、ループ部分はシンプルに以下のようにしました。


<ul class="catrgory">
<li><a href="<?php the_permalink(); ?>" title="<?php the_title(); ?>" ></a>[<?php the_time('Y.m.d'); ?>]</li>
</ul>

スタイルはお好みでcssで当てるとして、基本的な構造はこんな形で非常にシンプルにします。

一覧にするためには以下のようにループの部分の記述内容を変更します。

変更前
<?php if ( have_posts() ) : ?>

変更後
<?php if ( have_posts() ) : query_posts($query_string.'&posts_per_page=-1'); ?>

posts_per_pageの部分で表示記事数を制御しています。
全件表示bにする場合は数値を-1にすることで、全件表示をする設定となります。

変更によるクライアントからの返答と感想

変更箇所をクライアントに確認してもらい、想像していた感じでご満足いただけたようでした。
また、記述内容がシンプルになったので、一覧で確認する際にすっきりしてみやすくなったと好評です。
元々このように変更したい背景としては、トップページはともかくカテゴリページはサイト内の導線としてきとんと目的のページに誘導させる事が目的だったので、アイキャッチとか概要を排除して、記事数が多いカテゴリでもきちんと全件を把握しやすいようにしたいというのが目的でした。

変更によるメリット

この変更によるメリットは何といっても変更による作業内容がかなり軽微である事です。
また、必要最小限の要素しか記載していないので、ページの表示速度も高速化しましたすし、あまりレイアウトする必要もないのでスマホでの表示時にも可読性が向上したのはいい効果でした。


« »

ABOUT THE AUTHOR

こしもあんず
こしもあんず

Wordpressをカスタマイズすることが好きなギーク女子です。
好きなエディタはSublimetext2です。
Google+やってるので、よろしくです。
デザインは好きですが、PHPはあまり得意ではないのでその辺ご容赦くださいね。


Twitterはこちら
https://twitter.com/wordpresscusto1

ad