WordPress(ワードプレス)でホームページを作りたい、カスタムしたいという人のためのサイトです。

記事本文中にアドセンスタグ等の広告を挿入する方法その2。テンプレートに直接追加する場合

TOP > カスタム方法 > 記事本文中にアドセンスタグ等の広告を挿入する方法その2。テンプレートに直接追加する場合

以前書いた記事本文中にアドセンスタグ等の広告を挿入する方法の続き記事です。
前回の記事ではショートコードを使って記事本文中に広告を表示させる方法を紹介しましたが、今回はテンプレート側に直接タグを設置して、段落の個数によって表示位置を固定する方法を紹介します。

記事本文中にアドセンスタグ等の広告を挿入する方法その2。テンプレートに直接追加する場合

では実際のやり方を。
まずは記事を制御するテンプレートを修正します。
多くの場合はsingle.phpが対象ファイルとなります。
single.php内から以下の記述部分を変更します。
変更する記述部分

<?php the_content(); ?>

上記を以下のように変更します。

<?php
$paragraphAfter= 1;
$content = apply_filters('the_content', get_the_content());
$content = explode("</p>", $content);
for ($i = 0; $i <count($content); $i++ ) {
if ($i == $paragraphAfter) { ?>
<div>広告タグを記載</div>
<?php }
echo $content[$i] . "</p>";
} ?>

タグの説明をすると、$paragraphAfterの値の改行位置で広告が表示されるようになり、広告タグを記載の位置に広告タグを設置する形になります。
上記の場合は1個目の段落が終わったあとに広告が表示させるという具合です。
なお、件名ではアドセンスと書いてますが別にここの部分を他の広告に変えても大丈夫ですし、広告でなくても大丈夫です。

このタグをカスタマイズすることによって得られる効果

記事本文中に広告を掲載することで一番のメリットはやはり広告のクリック率の上昇です。
ユーザーさんが本文を読んでいるときに一番目に入りやすい形で広告が表示させるので露出の機会が増えますもんね。
アドセンスのようにサイトのコンテンツに合わせて広告内容が最適化される場合、ユーザーさんが探している情報に近しいものが表示されるので、必然的にクリック率も上がるということが期待できます。
アドセンスはクリック課金型広告なのでクリックされればされるほど広告料が入る仕組みなのですごく相性がいい組み合わせだと思います。


« »

ABOUT THE AUTHOR

こしもあんず
こしもあんず

Wordpressをカスタマイズすることが好きなギーク女子です。
好きなエディタはSublimetext2です。
Google+やってるので、よろしくです。
デザインは好きですが、PHPはあまり得意ではないのでその辺ご容赦くださいね。


Twitterはこちら
https://twitter.com/wordpresscusto1

ad